整形外科

整形外科では、外傷(打撲・捻挫・切り傷・骨折・脱臼・火傷)や、腰痛、椎間板ヘルニア、肩こり、神経痛、骨粗鬆症、スポーツ障害などの治療を行っています。レントゲンなどを使ってしっかりと検査を行い、原因に合った適切な処置とリハビリを進めていきます。
その他、「痛みの治療」として、ペインクリニック(火曜日)も行っております。

骨折、捻挫、脱臼、打撲

これらの症状は、ギプス・包帯等の外固定で回復を促すほか、必要に応じて手術を含む外科的処置を行い、治療することもあります。また、治療後は関節が動きにくくなったりすることがありますので、後遺症を残さないためにもきちんとリハビリを行っていきます。子供は骨が曲がったまま成長しないように、大人は早期に仕事復帰できるように、老人は寝たきりになってしまわないように、それぞれの生活に合わせた診療をします。

腰痛、肩関節障害、頚背部痛(けいはいぶつう)

加齢や姿勢の悪さが原因で椎間板の一部が出てきて圧迫する「椎間板ヘルニア」、加齢によって背骨が変形したり靭帯が厚くなったりする「腰部脊柱管狭窄症」、老化によって椎間板変形して脊髄の通り道を圧迫する「頚椎症」、肩関節の周囲に炎症が起き、ときに密着して動かなくなる「五十肩」など、骨や関節に関する症状と原因をしっかりと診断し、それぞれに合った治療を進めていきます。

スポ-ツ外傷・障害

スポーツ中にぶつかるなど、外部の力によって組織が損傷することを「スポーツ外傷」と言い、繰り返しのプレーによって身体の内側から痛みなどの症状が現れるものを「スポーツ障害」と言います。当院では、スポーツドクターでもある院長が、患者さんの症状や原因に合わせて適切な治療とアドバイスをさせて頂くようにしています。早く復帰して大事な試合に間に合わせたい方なども、まずは当院へご相談ください。

スポーツ外傷・障害の一例

  • 捻挫
  • 骨折
  • 脱臼
  • 突き指
  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • 腰椎分離症
  • 膝半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 肉ばなれ
  • アキレス腱断裂 等

骨粗しょう症

骨はカルシウムやタンパク質などからできており、日々、破壊と再生が繰り返されています。しかし、この破壊と再生のバランスが崩れてしまうことがあり、そうなると骨の密度が低下して骨折しやすくなります。これが骨粗しょう症で、破壊と再生のバランスが悪くなる原因としては、加齢・閉経・栄養のかたより・運動不足などが考えられます。予防についてのアドバイスもしておりますので、気になる方は早めに受診するようにしましょう。